海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

ウサギさんと柴犬さん

今年はうさぎ年です。

  「えっ?今年は酉年じゃない?」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818095800j:plain

そうです、今年の干支は酉です。今年はウサギが多く出没するって意味で言ってます。すいません、まぎらわしくて...。

例年までそうでなかったのに、今年は散歩するたびに見るようになったんですよね。野生のウサギ。

 「どーも。野生のウサギです!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818100157j:plain

その度にうちの柴犬ミミさんったら、抜き足、差し足、忍び足でハンティング体勢になって、さらに急に突撃するんで、リードを持ってる方は腕が引っこ抜けそうな状態に毎回さらさなければならないんですよ。

 「ここにもうさぎ...!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818100922j:plain

いっそのこと、犬を放しちゃおうかと思ってしまいますけど、ウサギがいるのはいつもノーリード禁止の公園だし、動物愛護のおばさんがいたり、いなかったりで、公園でウサギ狩りしてて怒られたら嫌ですしね。それにウサギは足速いですから、いくら柴犬さんでもそんな簡単には捕まらないでしょうね。

 「それに遊猟や無益な殺生は好きではありませんし...」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818100554j:plain 

と言っているのもつかの間。外出から帰ると、大興奮した夫が

「野原に面したうちのお隣さんのプラムの木に留まっていた鷹が、突然飛び立ったかと思うと、野原で草を食べてたウサギを一匹、足で捕まえて去っていった!!」

というのを目撃したと、熱く語ってくれましたが、一瞬の出来事だったのでスクープ映像は撮れなかったという事で、話ちょっと盛ってる感もありますけど、なんとも食物連鎖的な出来事だったそうです。 

 「こっちのウサギはブラックベリーをつまんでおるな!」   

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818105536j:plain

飼い犬は野生動物と違って自分でエサ捕らなくていいから、お気楽な身分ですよね。

そんなこんなで、柴犬さん、何か言いました?

 「にわにはにわうさぎがいる...」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818101509j:plain

えっと...庭に二羽いるのはニワトリじゃなかったでしたっけ?

そしてウサギ一羽しか見えないですけど...

 「いますよ、ウサギ小屋に一羽...」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818102744j:plain

は!なるほど、そういう事でしたか。

 「どーも。飼いウサギのぺいちゃん初登場です!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170818104408j:plain

ここにもお気楽な身分の方がいたんでしたっけね。しかしながら本当のところ、飼われている身分ってどうなんでしょうね?でも、幸せに思っててくれたらいいですね!

では。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

予防接種と柴犬さん

先日、狂犬病の予防接種を受けに獣医さんに行ってきました。

 「泥棒柄のバンダナ、日本からお土産に頂きました!ありがとう!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812083058j:plain

カナダから犬をお隣アメリカ合衆国に連れていく場合や、日本に犬を連れて引っ越しする場合などは、狂犬病の予防接種が義務付けられていますが、私達の住んでいるエリアでは狂犬病(Rabies)がまだ発生したことがないそうなので、任意注射となっているんだそうです。

 「任意って事は好きにしていいって事ですよね?」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812083338j:plain

したがって日本のように狂犬病の集団予防接種なんてのも聞いた試しがありません。個人で獣医さんに行くんですけど、お値段もお高めです。我が家では念のため...ということで大事を取って2回目の狂犬病予防接種に連れていくことになったわけなのでした。

ところが・・・・

  「獣医さんに行くなんてぇ~~」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812083635j:plain

予防接種受けられませんでした!!

  「大っ嫌い~~♪♪」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812083722j:plain

前回の予防接種では、獣医さんの腕に引っかき傷を負わせた後、何とか注射させたんですけど、今回は、獣医さんに付けるように頼まれて私が噛み付き防止のためマズル(口輪)を付けても、手でヒョイヒョイっと取ってしまう始末。

 「口輪もエリザベスカラーも取るのなんて楽勝す。こうやってヒョイヒョイと!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812084750j:plain

それを何度か繰り返している後に「テクニシャンのいる別室で対応します!」と言われたものの、テクニシャンって、いったい全体どんなテクニックを持っている人なんです?? しかしながら、あれよあれよという間に、飼い主から引き離され、獣医さんに引きずられ、別室に連れて行かれてしまった柴犬ミミ。

 「さすがテクニシャン、すごかったすよ...」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812082955j:plain

別室に行っている間、うちの柴犬さんのガウガウ言っている声だけ聞こえて、数分後飼い主の待ってる元の部屋へ戻ってきました。  

そしてテクニシャンの口から出た言葉は

「どうにもこうにも触らせてくれないので、また別の日に改めてどうぞ」

という事でした...。多分もうウェルカムじゃないのかも...。

  「ふふっ、作戦成功」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812085649j:plain

予防接種のついでに、伸びた爪も切ってもらうつもりだったのに。他のワンちゃん達、すごく獣医さんに懐いてるみたいでしたけど。獣医さんに連れて行くと、うちのワンコって本当に面倒くさい性格だと、つくづく思うのでありました。

 「あとは寝るのみ...」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170812090443p:plain

でも、ここは避妊手術を受けたトラウマがある場所でもあるので仕方がないっていうのもわかります。それにしても、獣医さん好きのワンコが羨ましい。はぁ。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

朝からサギ!

久々にビーチでお散歩。順調に歩いていたかと思ったら突然立ち止まる柴犬さん!

 「あーーあれは...!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725081923j:plain

 「サギです!」   

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725082311j:plain

Great Blue Heron(グレートブルーヘロン/オオアオサギ)が目の前に待ち構えてました。

うちの柴犬ミミさんは大きい物が苦手です。スーツケースとか大きな段ボールとか、うかうか家の中に運ぶ度大騒ぎします。それは外に行っても同じで、先日のカナダグースやこのサギのような大きな鳥に遭遇すると物凄く嫌がるんです。

 「きゃーこっち来るなーー」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725084338j:plain

鳴き声も大きいし、翼幅も2m近くあって柴犬のサイズを軽く超えてますし、頭上を羽ばたかれた時なんかは、翼竜が通り過ぎって行ったのかと思ったりします。

 「きゃーこっち見んなーー」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725084632j:plain

柴犬さんたら一応威嚇してつもりでしょうけど、負け犬の遠吠えにしか聞こえないからやめましょうよ…。そうこうしてる間にイヤイヤが始まってしまいました…。

 「目の前の物をどうにかしてくださいませ!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725085311j:plain

仕方ないからもと来た道を戻ります。

 「サギの悪徳な手段には引っかかりませんよ」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725085534j:plain

すると何故かまた立ち止まってしまった柴犬さん。

  「あーあれは...!!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170725085917j:plain

あれはね、岩って言うんですよ。もう、いちいち大きい物に反応しないでよろしい!寄り道してる間にあの手この手でサギが近づいてきたら困ります。皆さんもくれぐれもお気を付けを。では。

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

カナダグース、離陸中

朝のお散歩、普段は群れでいることの多いカナダ鴈が一羽で歩いておりました。

カナダ鴈は、英語では、単数形でCanada goose(カナダグース)、2匹以上の複数形でCanada geese(カナダギース)という具合に不規則に変化する名詞です。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721093550j:plain

それに加えて、赤ちゃんグースの事は gosling(ゴズリング)とか言います。goslingといえば、映画「La La Land/ラ・ラ・ランド」に主役で出ていたRyan Gosling(ライアン・ゴズリング)はカナダ出身のカナダ人の俳優さんです。て、どうでもいいですかね?

  「これは一羽でいるから、えっと...グース!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721092309j:plain

更におまけで、このカナダ鴈、名前にカナダってついているくせに、お隣のアメリカ合衆国に平気で群れていたりする時があります。アメリカにいてもやはり、カナダ鴈と呼ばれていて、いろいろややこしい名前を持つ鳥です。

体長1mくらいあって図体も大きいので、うちの柴犬さんは、カナダ鴈を見るといつも怖気きますが、このカナダ鴈も危険を察したのか、グワグワ言いながらすぐに飛び立ってしまいました。

  「おっ!バタバタし始めた!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721092335j:plain

飛んで行ったところを激写したつもりが、ちょうど木とカモフラージュして見えにくい一枚。このグースさん、所属グループでも見つけたんでしょうか?

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721092756j:plain

柴犬は数によって不規則に変化する名詞でもなければ、海外に住んでいてもShiba inuですみますからね。その点シンプルで何よりです。

ああ、英語ってややこしい。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

アンパンマンと、柴犬さん

柴犬さん「お腹がすいたよぉ、アンパンマン...」

アンパンマン「じゃ僕のお顔をお食べ!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721060517j:plain

柴犬さん「ガーーッ」

アンパンマン「ひっ!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721060535j:plain

柴犬さん「首根っこもいただきっ!」

アンパンマン「ひーーっ!飼い主さん、ジャムおじさんに知らせて!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721060548j:plain

*よい子のみなさん、ごめんなさい...。ではまた!

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村