海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

ドッグフードのサンプルもらってきました!

ドッグフードが無くなりそうだったので、秋に新しく町にオープンしたペットショップに行ってみることに。
我が家わんこは、カリカリのドライドッグフードに、私達の食事に使うお肉やお魚、野菜などを味付けせず調理した物をトッピングする感じの食事をあたえているんですけど、トッピング無しではご機嫌ななめになってしまう...というのをお店のオーナーさんに話したところ、サンプルを3種類ほど頂きました!

  時計回りに上からACANA Glass-Fed Lamb(アカナ 草を食べて育った羊の肉)、
   Zignature Salmon(ジグネイチャー?鮭)、FROMM Beef Frittata Veg
  (フローム 牛肉、野菜とフルーツ)

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171215103816j:plain

今までこの町の他のペットショップでも、隣町の大型ペットショップでもサンプルなんて一回も貰ったことなかったんですけど、本日はラッキー。てか言えばくれるのかもしれませんけど。

  「ピンクの羊ですね」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171215102527j:plain

どこのペットショップでも、同じ種類のドッグフードを12袋買うと、1袋無料になるポイント制のサービスしている所が多いです。
うちは、一袋食べ終わると、次は違うブランドとか違う味とかのドッグフードを買うのでまず12袋ポイントが貯まった試しがない。

  「毎回同じは飽きるらしいですよ...飼い主がね」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171215105659j:plain

別に根拠はないんですけど、違うブランドや味をローテーションすることで食事から受ける健康被害も少ないような気もするし。

   「こっちは磯の匂い」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171215122148j:plain  

お店の人は、ACANA Glass-Fed Lamb(アカナ 草を食べて育った羊の肉)がおすすめだと言ってました。

   「穀物で飼育された羊肉より脂肪分が少ないけど栄養素は多いってやつです」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171215110638j:plain

アカナはアルバータ州のエドモントンに本社があるカナダ発のブランドなんですが、実は今まで買ったことありません。
同じ会社の「Orijin/オリジン」というドッグフードと比べるとお肉含有量が少ないなどなどのバージョンがアカナらしいですが、このお店ではオリジンは扱ってないようでした。 
   「切り口はここかな?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171215122044j:plain

いずれのサンプルもGRAIN-FREE/グレインフリー、穀物不使用です。最近こちらで見かけるドッグフードは殆どが穀物不使用。犬は穀物を消化しにくいからって理由みたいです。太りやすいとか、アレルギー防止とか、そういう理由もあるようですが、うちの犬、結構穀物好きなんでちょっとくらい入っててもいいんですけどね。

でも、せっかくなんで次のドッグフードはこのサンプルの中から選んでみようと思ってます。何にするかはこうご期待!では!

Eeny,meeny,miny,moe..サンタさんの言う通り

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

婚活 in December?

久しぶりに野鳥がたくさんいる公園へ散歩に行ってみると、カナダガンの群れがたくさん海に浮かんでおりました。

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171212050617j:plain

その数ざっと80羽ぐらい!
こんな時、日本野鳥の会の方々が身近にいらっしゃれば、カチャカチャと正確な数をカウントしてもらえたことであったろうに...。

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171212051059j:plain

というか、カナダにも野鳥の会あるんでしょうか?あるはずですよね?身近には見たことも聞いたことありませんけど。
そして、このカナダガンの群れの中に、何やら翼をバッチンバッチンと水面に叩きつけて忙しくしているのが半分ぐらいいます。その音ときたら、うるさいのなんのって。

  「一体何をしているんでしょう?」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171212051221j:plain

この時期クリスマスに向けて、パートナー探しに忙しいのは、人間ばかりではないはず。もしかすると、鳥たちも、翼を大きく広げて、オスがメスに猛烈にアピールしているところなのかもしれません。
尋ねられるような人も周りに歩いていないし、野鳥の会に所属しているお友達もいないので検索してみると、

  「最近、カナダもネット婚が人気よね~」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171212052712j:plain

カナダガンの繁殖シーズンは「冬半ばから初春にかけて」という大変アバウトな情報が手に入りました。
そして驚いたことに、殆どのカナダガンは、相手が先に亡くならない限り、一生同じ伴侶と共に過ごすということもわかりました。

  「柴犬と同じく誠実なんですね~」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171212053442j:plain

それに引き換え、あっちにいるマガモ。実はシーズンごとにパートナーを取り替えるそうです。同じ鳥類に関してもいろいろですから、人間も誠実な人、浮気っぽい人、いろいろいるのは、DNAで最初から決まっていると思って、万事休すということで。

  「浮気者め!狩るぞ!」 

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171212062711j:plain

それにしても野鳥がいっぱいいる為、当然、鳥の糞だらけのこの公園。
愛犬がそれらを踏まないように、更には拾い食いしないように、歩く際には気を付けて帰り道を行きましょう。では。

「クリスマスだからって油断は禁物!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

shiba-inu-in-abroad.hatenablog.com

 

 

 

 

窓際の柴犬さん

うちの犬はリビングの窓から外を眺めるのが大好きです。

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201034635j:plain

この辺りは、大きな窓のあるリビングルームやキッチンを外の通りに面して配置してある家が多いので、住宅街をお散歩に行くと、窓際で外を見ている、よその家の犬猫と目が合ったりするのが嬉しかったりします。

 「ご近所の監視をしてるってわけです」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201035959j:plain

でも、その逆もありで、自分が家の中にいて、犬猫と目が合うのは構いませんが、通り過ぎる人と目が合っちゃったり、斜めお向かいのお家の奥さんと窓越しに目が合っちゃたりする事もあるので、私個人は通りに面したリビングルームの間取りが大の苦手だったりします。

いっその事、もっと人のいない奥地へ引っ越したい..

 「どうせなら日本の里山がいいですかね?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201040641j:plain

それはさておき、飼い犬がご近所の監視に夢中になっている間に、さっさとお昼ご飯を召し上がらないと!とはいっても、そんな大したものではありません。だいたいいつも前の日の残り物…。

  「ん?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201041742j:plain

たまには、犬にご飯を催促されず、ゆっくり食べたいんですよね~って思ってたら、ミミったら窓越しにこっちをガン見!

 「あら、もうお昼の時間なんですね?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201042017j:plain
 
「じゃ、こちらも休憩で」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201042616j:plain

この後、ランチをシェアすることになったのは言うまでもありません。
今日のお昼は夕飯の残りのトンカツを少々。
でも、トンカツは油っぽいですから、ころも部分を取って、お裾分け程度に召し上がりましょうね。では!

 「トンカツは、コロモは飼い主、中身はワンコへくれてやれ!」

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

にほんブログ村

かくかく鹿々

お散歩の途中、またまた鹿さんに遭遇!

 鹿:「どーも!Black-tailed Deer(ブラックテイルド・ディア/黒オジロジカ)です!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201050200j:plain

いきなり目の前に三頭も現れたせいか、固まり気味のうちのミミさん。
鹿さんたちも、犬に警戒して固まってます。

  鹿:「おーい、そこのワンコ、来れるもんならこっち来てみやがれ!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201050337j:plain

ウーフッって小さい声で鳴いただけで、動こうとしないミミさん。いつもだったらハンティングモードがONになって、リードをグイグイ引っ張っるんだけど。

  「Woof!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201050709j:plain

というのには、理由があります。実は、鹿に遭遇するちょっと前に、用を足したわけなんですが、切れが悪かったらしく、プリケツから、ほんの少しウ〇コがはみ出している状態で、歩くと気持ち悪いらしく、動作がカクカクしてしまうようです。

 「尻周りの撮影はいけません!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201051812j:plain

そうこうしている間に、鹿さん達、隣の林に消えていきました。
すれ違ったおばさんが「さっきの親子の鹿たち、見た?」って言ってたので、どうやら親子だったらしい...

  「今日は狩猟気分じゃないんですぅ」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201052303j:plain

そうそう、気分がすぐれない時は誰にだってあるもんですよ。

  「なので粗食でしのぎます」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201052737j:plain

草でもハムハムしているのかと思いきや、よく見ると何やら黒くて小さい丸い物!
  
  「今日は敗者ですから」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171201052526j:plain

気分が出ないからって、鹿の落とし物、拾い食いしちゃいけません!

そして明日は柴犬のプライドが取り戻せますように!では。

「しばいぬだもの」

 にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

鹿さんに関する他の記事はこちら↓

shiba-inu-in-abroad.hatenablog.com

 

 

赤い犬、なぜなぜ赤い

赤い犬 赤柴(あかいいぬ あかしば)

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171121050401j:plain

なぜなぜ赤い(なぜなぜあかい)

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171121050609j:plain

赤い実を(あかいみを)

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171121050704j:plain

食べた!(たべた)

  「うめぇ!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171121050834j:plain

補足;

お散歩の途中、地面に落ちてた赤い実をぺろんちょ、と拾い食いしてしまった赤柴さん。周りを見ると、この辺りに生息する、Arbutas Tree/アビュータスツリー、が赤い実をたわわに実らせていました。

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171121052703j:plain

「えっー!食べちゃっても大丈夫なの~」と不安になりましたが、家に帰って調べてみると、実は食べれるとのこと。知らなかった!

別名をStrawberry Tree/イチゴノキとも呼ぶみたいですけど、あんまりイチゴに似てないような気もします。

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20171121054440j:plain

いずれにせよ、拾い食いは、ほどほどにお願いします! 

 「えっ?」

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村