海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

続・うどん派 vs そば派 

さて、間が開きましたが先週の続きです。 

うちのワンコはうどんと蕎麦、どちらが好きなのでしょうか?
ちょっと離れたところにうどんと蕎麦を一本ずつ置いて、どっちを選ぶか実際に試してみたいと思います。

  「手前がうどん、向こう側がおそばです」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619032913j:plain

「待て!」の合図も待たずにさっさと行ってしまわれました。さては自分で自分にコマンドを出しましたね。
そして最初におそばを選択。

  「つるっ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619034219j:plain

そしてさらに、うどんを完食。

  「ガツガツ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619034543j:plain

私たちの予想を反して、そばを最初に選んだミミ。これではまだどちらが好きなのか断定できないのでもう一回挑戦してみましょう。
⋆読者さんから見て、左側がうどん、右側がそばです。

  「おや?あんな所にまたまた麺が落ちてます!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619033026j:plain

今度はうどんから。

  「ぺろん」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619033241j:plain

そして、そばを完食。

  「お蕎麦も美味しいね」 

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619033407j:plain

うどん派の私達(長男と私)としては、愛犬を何とか「うどん派」に引き入れたいところでしたが、さすがは家族のかすがい。派閥争いにはニュートラルな姿勢のようです。

  「もっとくれてもいいですよ!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180619035254j:plain

この家族のかすがいですが、食べ物で簡単に釣られてしまうのが玉にきず。
そんななので将来、「うどん派」に傾く日も近いかもしれません。では。

 

「冷やし中華もいいよね~」

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

うどん派 vs そば派

清々しいお天気が続いるカナダ西海岸方面。さすがに「冷やし中華始めました!」の看板こそ出ないものの、冷たい麺類を召し上がりたい気分になってくる、そんな時期です。そんなこんなで、昨夜は早速、おうどんとお蕎麦を冷たくしていただきました。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612040842j:plain

ミミにもついでに手作りご飯を作ってみました。鶏肉とカボチャとブロッコリー、そしてお蕎麦をちょっと彩りに。
我が家は夫と娘と次男が蕎麦派、長男と私がうどん派なので、毎回蕎麦とうどんの2種類ゆでる羽目になってます。

  「今日は何食わせる気ですか?」    

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612041647j:plain

さらに、我が家のそば派はもの静かに麺をすすらず食べるタイプ。
それに反して、うどん派は、ズルズルと麺をすする派です。長男のはとくに大音量なので、毎回そば派からクレームが出て、さらには口論に発展するので困っています。

   「ガツガツ食べるのはOKですかね?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612041313j:plain

麺をすすって食べる日本の習慣は、カナダでやったら下品になるのは理解承知ですけど、家では好きなように食べたい!のが私達うどん派の言い分です。 

   「は!あっちの今日のご飯はツルツルですね!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612040949j:plain

それに、そんなことでクレーム付けてたら今度日本に帰ったときに、日本のお爺ちゃんの大好きな「丸亀正麺」に連れて行ってもらえないですからね。

   「やっぱり麺は長い方に限る!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042113j:plain

あそこに食べに来ている人達のズルズル音は半端ないですから!そうやって汗だらだらでうどんを茹ででくれてるおばちゃん達の期待に応えなきゃいけないんですよ。

   「ん?これは細麺うどん、早ゆで6分。」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042308j:plain

   「うまい!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042456j:plain

麺はズルズルした方が美味しんです!あーこれだから国際結婚はやるせない。
その点、音こそ立てないものの、愛犬が麺類をツルツル上手に食べることができるのがせめてもの救いです。

   「粗く引いたそば粉で作ったお蕎麦ですね」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042557j:plain

ミミはうどんと蕎麦、どっちも好きですけど、本当のところどっちが好きなんでしょう...?

   「にゅーっ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042632j:plain

次回は実験にチャレンジしてみようと思います!では。

   「ぺろんちょ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612044412j:plain

 「あなたはどっち派?」

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

    

朝から困ってます!

清々しい青空の良いお天気が続いております、カナダ西海岸地方。
5月から6月上旬のこの時期、公園や、近所の芝生は水分を充分と含んで青々としております。

 「お外は気持ちーねぇ」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180605062937j:plain

芝生が気持ちいいのは良いのですが、困ったことがあるんです。
隙さえあれば、うちの柴犬がゴロンと芝生の上に横たわって動かなくなってしまうんです。

 「コロンちょ」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180605063717j:plain

夕方のお散歩ならまだいいのですが、朝のお散歩からこれをやられてしまいますと、散歩の後のスケジュールが押せ押せになってとっても困るんです。

 「ふっ、たいしたスケジュールじゃないくせに...」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180605071132j:plain

普段は、「ネコさん?!」やら「ウサギさん?!」やらの掛け声でダマしダマし動かすことができるのですが、最近はめっきり動こうとしません。
もうそうなると、帰り道は12kg以上もある毛の生えたかたまりを抱えて運ばないといけません。

 「ん?この香りは...」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180605071522j:plain

朝に余裕を持てるように、もっと早く起きて散歩に行きたいのですけどね。それでは飼い犬は起きていないのですよ...。

 「う~ん、マンダム!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180605071737j:plain

でも芝生が今の様に青いのも今のうち。
ヒリヒリと乾燥した暑さが続く夏が来たら、芝生も枯れてしまうので柴犬さんが横になっていられるのもこの時期だけですからね。ま、のんびり行きましょう。では!

 「柴犬の世界!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180605071852j:plain

 

「うちの芝生も今なら青いよ!」 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

 

暗黙のルールのあるドッグパーク?!

最近よく行ってるドッグパーク。

実は2か所に分かれているんですが、暗黙のルールがあるんだそうです。
こっち ↓ は、いつも行く海側のドッグパーク。

        f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529050306j:plain

公園内に浜辺にアクセスできる道と階段があって、もちろん犬も一緒に水辺でお散歩したり、泳いだりしている犬もいます。

     「ちゃちゃちゃっ♪」

       f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529050902j:plain

この海側のドッグパークは小さいワンコちゃんたち用。

 「ややっ!さては小型犬?!

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529050938j:plain

もう一つは、海側の公園から道路を一本またいで、ちょうど反対側にあります。

  「道を渡って向こう側へ行きます!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529045708j:plain

ここは高速道路に面した、ハイウェイ側です。敷地内にはフェンスが張ってはありますが、やはりすぐ傍を車がビュンビュン走っているので、ちょっとばかり不安ではあります。

  「ハイウェイ側にやってきました。でも空の色違うから同じ日じゃないのよ。」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529053359j:plain

こっちのハイウェイ側は大きいワンコちゃんたち用。

  「やあ大型犬!」   

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529054704j:plain

ミミのドッグパークデビューを果たす前までは、そう聞かされていたんですが...

  「海側の方が盛り上がっているので、またあっちへ行ってみましょう!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529053627j:plain

海側で大きいワンコ達が走り回っていたり、ハイウェイ側で小さいワンコ達がボール遊びにいそしんでいる風景も普通にありました。

  「私たちって中型犬ですよね?」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529055226j:plain

しいて言えば、ハイウェイ側のが大きいのが多い、という感じですが、柴犬がウロウロしていても別に何も言われたことないし。大きいのから比べると、うちのはどうみても小さい部類に入ると思うんですけどね...。

  「大丈夫です!体重も結構たりてますから!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20180529050554j:plain

ま、どうせ、犬の会合には参加しませんから良しとしておきましょう。では!

「本日も体重キープ中!」

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

こんな風に寝ております。

朝も8時を過ぎているというのに、まだお布団から出てこないお寝坊さん。
一体誰なんでしょう?
  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180523054046j:plain

時間を昨夜9時に巻き戻してみることにしましょう...チッチッチッチ。
ここはミミさんの寝床です。赤ん坊が昔使っていたベビー布団のおさがりです。
 「よし、今日もフワフワだ」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180523054412j:plain

この時には基本お布団の上に寝っ転がっております。
カキカキしたり、ペロペロしたりして寝る前の身支度に余念がありません。

 「キレイにして寝ないとね」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180523055018j:plain

しかもベッドメークが不十分だと、気に入らないのか、お布団をキチンと整えるようにと、こちらにも要求するところが何とも面倒くさい。

 「早く電気消してくださいよぉっ!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180523055807j:plain

電気をなかなか消さないと、わざわざ起き出してカーペットをむしりに行ってみたり、家具を手でカリカリし始めて嫌がらせをするので、なるべく急がないといけないのもまたまた面倒くさい。

 「おやすみなさい!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180523060412j:plain

そして中でも一番面倒くさいのがここから。
毎晩、夜中になると決まって、枕元から誰かがこっちを見ているような気配で起こされるんです。起きてみると必ずミミがそばにいて黙ってこっちをジーっと見てるんですねぇ。
そこで中に入れるようにお布団を持ち上げて「はい、どうぞ」のコマンドを出す作業をしないといけないのですよ。そうするとスルスルスルっとお布団の下に入り込んで丸まるんです。
でも、コマンドは「はい!」とか「どうぞ!」だけではダメで「はい、どうぞ!」の2語文でないと通用しません。夜中にこれを繰り返すこと、365日!!

  「そんなこんなで朝起きるとこんな状態」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170422065039j:plain

朝起きるとお布団は寝床に置いてある時が殆どですが、時々玄関や部屋の真ん中に落ちている時もあります。お布団を被ったまま、そこまで引きずって行ったんでしょうね。
  f:id:shiba-inu-in-abroad:20180523061615j:plain

なんとも、ずぼらだね...。

「ほくそ笑むんじゃねぇ!」 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村