海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

ヒゲとシバイヌ

前回に引き続き、またまた毛の話題。毛は毛といっても本日はヒゲについて。

うちの柴犬さん、あまりヒゲは濃い方じゃない気がします。別に根拠はないんですけどね。ただなんとなく..。

  「お久しぶりです」

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170228020433j:plain

それと、気になるヒゲがあるんです。

一本だけ、切れています!! よーく見ると一本の毛穴から二本出ちゃってるんですけど。それとも枝毛になっちゃったのかもしれないのですが、しばらく伸びてきていないんですよ、これが。

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170228022258j:plain

ハサミ好きの子供が試しにヒゲをチョキーンっと切ってしまったのかと疑ってみましたが、それはさすがになかったようで、自然に切れたのかもしれません。いまいち犬のヒゲの役割はわかりませんけど、一応、今のところ平衡感覚は異常無し。ちょっと触ると嫌がるので何かしらの感覚があるんですね、犬のヒゲって。

だから犬のヒゲも、むやみやたらに切らない方がいいのかもしれませんね。

   「髭面はお好きですか?」 

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170228023629j:plain

それに、柴犬さんはやっぱりお髭があったほうが可愛いです!

  

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

抜け毛処理いろいろ

少しずつ暖かくなりつつこの頃。カナダ西海岸の辺りでは、土の中からひょっこりと水仙やチューリップの葉っぱが顔を出す時期。それと、ダブルコートのワンコ達にとっては換毛期真っ只中、飼い主を悩ませるニクい時期でもあるのです。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170223042549j:plain

ブラッシングをしているのにも関わらず、予定外に好き勝手に飛び出る抜け毛。それを見る度、手でむしり取る衝動を抑えきれず、寝ている鬼をガウガウと怒らせているのは、私だけではないはず...。

それに、公園に行くとよそのワンコ達の毛が至る所に落ちている事があるんですよ。

  「この毛はわたくしのじゃありません!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170223044221j:plain

散歩途中に無性にむしり取りたくなったんですね、きっと。

また、公園でブラッシングしてもらっているワンコ達に会うことも度々あります。ベンチやピクニックテーブルにワンコを乗せて、ブラシをかけてあげるんです。ほら、こんな風に。

  「トリマーさんごっこです」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170223045208j:plain

日本と違って、机やテーブルの上に座ることが行儀が悪いとは考えていないお国柄。学校の先生達も、授業中に机の上に腰を下ろしてリンゴを食べちゃったりしますから、ワンコにももちろん寛容です。

 「この毛もよその毛です!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170223051643j:plain

この前は土砂降りの雨の中、ベンチでシェルティのブラッシングをしているおじさんに会いました。「家でやると毛が飛ぶから」っておじさん言ってましたけど、さすがにずぶ濡れなら公園でも毛は飛びません。でも、このおじさんとシェルティの組み合わせがまた、とてつもなく可愛いので微笑ましい限りです。

うちの柴犬さんは、頑丈なハーネスを付けているので、残念ながら外でブラッシングはできません。むしるぐらいはしますけど。

  「くんくん」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170223052006j:plain

そんでもって、我が家はジプロックに入れて「Mimi's Fur 2017(ミミの毛2017)」と名前を書いて抜け毛を愛でています。集め始めると、抜け毛でさえも愛着がわいてしまうから愛犬って不思議です。

  「わたくしの分身、大切にしてください」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170223052705j:plain

でも、とっておいてどうする?

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

朝からデート中!

10組に4組の割合で離婚している夫婦がいるとかなんとかのカナダ。ざっと数えてもクラスの半分ぐらいの子供達のパパとママが離婚しているというのが現状です。

 「あんな所でデートしてます!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170221034904j:plain

そんな離婚率の高い国ですが、最近、いつものお散歩コースにある水たまりで朝からデートをしているカップルをよく見かけます。真冬の間はスケート場になっているのですが、何も水たまりでデートしなくっても...。

 「じーっ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170221040546j:plain

彼らはマガモのようですが、仲睦まじい姿は、まるでおしどり夫婦みたい。

 「いや、蚤の夫婦じゃない?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170221040725j:plain

調べてみると、オシドリって冬ごとにパートナーを変えるそうです。

ここにいるマガモ達もオシドリと同じようなもんなんで、今はこんな所でラブラブですけど、来冬は別れてるかもしれないんですね。そう考えると人間の離婚率が高いのも、ま、そんなもんじゃないっ?!て思えてきます。

「じゃ、狩ってもいいですか?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170221043044j:plain

うちの柴犬さんには犬のパートナーがいませんので、鴨のカップルにややジェラス気味。だからって、デートの邪魔はいけませんよ!

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

いろいろたまってます!

あれよあれよという間に、2月ももう半ば!

そろそろIncome tax Return/インカムタックスリターンの準備をしなくては...。インカムタックスリターンはカナダ版の確定申告のようなものです。日本だと申告しなくてよい場合が殆どですが、この国に住んでいる人は基本的に4月末日までに全員申告することになっているので、あ~面倒くさい...。

  「わたくし、美術モデル中です」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170217042903j:plain

そんな忙しい時期だというのに、うちの柴犬さんったら、デッサンしてくれって頼むんです。タックスリターンの準備はもちろん、家でやってる事務のお仕事やら、家事仕事やら、風邪をひいてお暇をいただいた時のつけが未だにたまっているっていうのに。

それから、今年の1月から北米でも「逃げ恥」が放送されてて、昨日6話目だったんですけどね、その録画も5話、6話とたまってしまったから観なきゃいけないし。

 「えっ?逃げ恥、北米でも観れるんですかっ??」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170217045836j:plain

モデルさん、こっちに反応しちゃいけません。

でも、日本ではもう放送終わっちゃってて、今更話題にするのもおこがましいですけど、面白いですよね「逃げ恥」って。

 「ポンパドール夫人の肖像画みたいに描いてくださいね」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170217050516j:plain

そんなこんな、やらないといけない事が沢山あるわけですよ。ちゃっちゃっちゃっと、ひとつずつ片付けていけばいいのですけどね、たまってしまうとそれがなかなか億劫ですよね。それで、隣でワンコがゴロゴロしていたりするとね、ダラ~んと引き込まれてしまうのですよ、これがまた。

 「休憩中、モデルは結構疲れます」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170217054924j:plain

もういっそのこと、一夫多妻制にしちゃいましょう。

外に嫁がいるのは経済的にも負担ですから、同居で、がっきー(みくりさん)みたいなお嫁さん希望で。ただし新しい嫁は、姑息な柴犬面接官のあらゆる攻撃をくぐり抜いた人のみが合格を勝ち取れます。

 「次は裸のマハ風のポーズで。ってこんな感じだったでしょうか?」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170217053514j:plain

それでは、沢山の方々が合格しますように。

 

「さっ、かかってきなさい!」

 にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
 にほんブログ村

ドッグオーナーに物申す!

先週の雪続きのお天気にうって変わり、今日は10度位まで気温が上がって絶好のお散歩日和。高速をちょっと飛ばした所にあるビーチ沿いの公園に来ています。

約48ヘクタール(東京ドームにしておよそ10個!)の広さを持つこの公園、往復で3Km程あるビーチ沿いを毎年6月1日から9月15日の間以外なら、なんとワンちゃん達はオフリーシュでお散歩OK。ドッグオーナーにもワンコ達にもとっても嬉しいパークなのであります。     

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213120638j:plain

ところが、最近この公園を巡って、ちょっとした物議が醸されているんです・・・。

それは、犬を飼っていなくてこの公園を利用される一部の人々の意見なんですけどね、ここでは一年中犬を繋いで散歩するべき!とか、犬のみエリアと人間のみエリアに公園を分けるべき!とか。もっとすごいのは、他にも犬が行かれる公園は沢山あるし、海沿いの風景を犬なしで楽しみたいから犬禁止にするべき!みたいのまであるんですねぇ...。

ビーチでの規則を書いてある看板。犬はフンの始末とコントロールができてればOK。タトゥーは看板に載せるまでもなく全くOK!

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213095845j:plain 

この公園は野鳥も沢山いるらしく、犬がオフリーシュなことで野鳥を追いかけたり、植物を踏んづけたりして、生態系にも悪影響だというご意見もあるみたいです。

そこの柴犬さん、くれぐれも野鳥は追いかけないでくださいね。

   「それは大丈夫!わたくし、狩猟犬ですから!」 

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213103510j:plain

ご意見を述べている人達の中には、フンの始末をしない飼い主がいるせいで、一度や二度、いやそれ以上、犬のウ〇コを踏んずけてしまった不運な方々もいらっしゃったのでしょう。

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213103337j:plain

泳ぎが得意な犬種達があっちこっちで泳ぎまくっているので、お散歩中に、びしょ濡れのワンコに突然飛びつかれて、お気に入りのお洋服を汚された経験があるのかもしれません。  

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213102553j:plain

言い分は十分わかるのです。でも、ワンコ達が思う存分走ったり、泳いだり、その横で人間達も楽しそうにお散歩してたりしているのを見ていると、この光景がずっと続くといいのになと思うのです。ドッグオーナーも、そうじゃない人達もマナーを守って、お互いを思いやって、ちょっと寛容になれば物事丸く収まると思うんですけどね。

そんな事を思ってましたら、ラッキーなことが一つ。なんと隣の町に住むという柴犬さんに遭遇しました!

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213113608j:plain

ところで柴犬って、他の柴犬さんに初めて会った時に同じ犬種だとわかるんでしょうかね?この柴犬さん達は、お互いよそよそしくて、全く意気投合していなかったので、きっとわかっていないんだろうなって思ったんですけど、その「柴犬のよそよそしさ」こそが逆に怪しい気がします。そして隣の町には「Shiba Inu Meet Up/柴犬の会」っていうのもあるんですって。もう少し情報を入手して、様子をみたら潜入してみようかな...。

    「だって、わたくし達シャイですからね...」

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170213115034j:plain

それと、日本人と日本犬は禁止!なんてならないようにマナー守っていかないといけませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村