読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

豆柴さん?!

日常

うちの柴犬さん、こっちに住んでいる日本人のお友達から「ちょっと小さいよね?もしかして豆?」って聞かれることが多いんです。

私も今まで飼っていた柴犬に比べると少し小さいような気がして、最初の内は「もしや豆をつかまされたか?」と思った時もあったのですが、体高を図ったら40cm近くあって意外にデカくてひと安心。なんでもでっかいカナディアンサイズに慣れてしまって、目の錯覚だったのかもしれません。
それと、カナダ人の持つ豆柴への知名度は無に等しいので、豆柴を手に入れる方が難しいかも。   

       「豆じゃないも~ん!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20161203043245j:plain

でも、なんと朝のお散歩の途中で欧米系のおばさんに声を掛けられました!

「まあ、この子ミニチュアね!」って。

     「え?私ってミニチュアなんですか?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20161203043447j:plain

ミニチュアって、この人豆柴犬知ってるんだって思っちゃったんですよね。

それで「小さく見えるけど一応スタンダードなんです。」って言ったんですよ。

そしたらまだ「えっ?絶対違うわよ、ミニチュアよ!」って言い切るんですよ。

そして「スタンダードはもっと大きいのよ、私の腰ぐらいあるのよ。ほら、映画にもでてたでしょ?。」って…。

おばさん、それって秋田犬じゃん?

「柴犬の子犬が成長して秋田犬になっちゃうのはハリウッド映画の中だけです」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20161203044204j:plain

「それとこれは似ているけど違う犬種なんですよぉ~」っておばさんの気に障らないように教えてあげたんですけど、また「顔も同じだしこの子は絶対ミニチュア!」って去り際に捨て台詞を吐いて行ってしまったのでした。

あ~朝から面倒くさっ!

       「同感っす!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20161203044956j:plain