海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

柴犬さんよ、なぜ逃げる?!

飼い犬の脱走。犬を飼っている方なら一度や二度は経験することかもしれません。それが数回どころでは済まされないのが柴犬の飼い主さんの痛い所でしょうか?     

実は英語圏のサイトでは、柴犬を飼うにあたっては充分脱走に注意しましょう、とアドバイスをしているところが沢山あるんです。おまけに柴犬は、脱出技のマジシャンや脱獄名人などの意味がある「Escape artists /エスケープ・アーティスト」なんて揶揄されているのですよ! エスケープ・アーティストなんてなんだかまるで、その昔流行った「Smooth Operator/スムースオペレーター」みたいな響き。北へ南へ、さらにはキーラーゴまで逃げちゃいそうです。

      「このヒモがねぇ~」

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20161214165748j:plain      

さて、そもそも何故そんなに逃げたがるんでしょう?

それは、また今度お話しするとして...今日はまずハーネス抜けのお話から。

今年の始め、犬を放してはいけない事になっている学校の校庭で、ハーネスを抜けて逃げちゃったんです。うちの柴犬さん調子にのって校庭走り回っちゃうは、生徒達の帰宅のチャイムは鳴るはで、こっちは大焦り。そんな時に限って絶対捕まらないですよね。

      「このヒモがねぇ~」

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20161214180430j:plain

そんな時、一匹ずつ犬を連れた二人組のおばさんが現れたんです。しかも犬を放してはいけないはずの所なのにオフリーシュで。おばさん達の犬はどちらもボーダーコリー系。よっしゃ、ハーディング系!そこで、おばさんとワンコ達に手伝いをお願いしたんですけど、他の犬が来てうちの犬はさらに大はしゃぎ。

     「ジャマでジャマでしょうがない!」

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20161214170236j:plain

おばさん達は「She is so skittish!」「Yes! So skittish!!」を繰り返すばかりだし、ワンコも自分達のボール遊びに夢中。そんな所にうちの子が学校から出て来て、犬が喜んで飛びついたのをチャンスに捕獲成功。やれやれです。

でもおかげで「skittish」って単語を覚えましたよ。この時の場合は「お転婆さん」って意味なんでしょうか?

その時そのおばさん達に絶対抜けないわよ!って勧められて即買いしたの首輪がハーフチョーカータイプ。

使ってみたら...ちょっと引っ張る度にガウガウ怒るんですよ。抜ける前に信用無くしそうなくらい...やっぱり首が締まるのは可哀そうだし辞めました。

その後いろいろなペットショップを駆けずり回ったのですが、どの店員さんもハーネスがジャストサイズならば抜けることは無い!の一点張りで手こずりました。柴犬がエスケープ・アーティストっていう事を知っている人はまだ少ないのですね。

結局いろんなサイトを検索しまくり、たどり着いたのが今お世話になっているRUFF WEAR(ラフウェア)社のウェブマスター・ハーネスです。

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20161214174156j:plain

アメリカの会社でオンラインショッピングもあるんですがなんとお隣カナダには配送してない!!アメリカのショッピングサイトにはそんなサイトが結構あります。でもAmazon Canadaで配送無料で手に入れることができました。このハーネスになってから全くエスケープを試みなくなりました。本当に買って良かったね!

「でも、本当の今年一番のお気に入りは、このカーペットの下に敷いてある日本で買ってきたホットカーペット。だってカナダでは売っていないんだも~ん!」

 f:id:shiba-inu-in-abroad:20161214180936j:plain

                                           にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

                                      にほんブログ村

お題その2「今年、買ってよかった物」