海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

カニと柴犬~正月のお料理

我が家にカニが2匹やってきました。柴犬のミミさんは、カニを見るのがこの日が初めて。  

     「カニっ?!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102142154j:plain

カナダのこの辺りで捕れるカニは、Dungeness Crab/ダンジネスクラブというイチョウガニの一種です。お正月にカニのお味噌汁が食べたいな~とつぶやいておりましたら、心優しい知人の方が捕りに行ってくれたんです。

しかも、仕事の昼休みを利用して・・・。 (カナダでは1月2日から仕事始めの人が結構います)

    「じ~~っ!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102142432j:plain

この方、ちなみに普通の会社勤めです。ランチタイムも1時間あるかないかという状況で、ボートを走らせ、カニを捕ってオンタイムで帰ってくる。すっごいいい人です。それにしてもカニって結構早く捕まるものなのですね。

    「おおっ、動いてるっ!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102143058j:plain

東京のサラリーマンが昼休みを利用して「ちょっとカニ捕ってくる!」と言うには勇気がいることです。部長クラスくらいになれば平気かもしれませんが、さすがに時間内に会社に戻るってのは厳しいでしょうか?それでは北海道のサラリーマンなら地理的に可能でしょうか? ちょっと気になるところでございます。

    「勇気を振り絞って...」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102144252j:plain

話は変わって、うちの柴犬さんにはカニは食べさせません。イカやタコ、貝類なども同様にしています。なぜかというと「腰が抜けるから、犬猫には食べさせてはいけない」と、私達がそういう物を食べている時に、必ず私の父親が口癖のように言っていたからなんです。

    「ターッチッ!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102144424j:plain

「犬が腰を抜かすってどうゆう事?」って聞いても「とにかく、腰を抜かすんだ!」と言い張るので、先代柴ちゃんはもちろん、今の柴犬さんにも与えたことがありません。腰を抜かした犬猫が一体どんなもんなのか、未だに想像はつかないですけど、とにかく孫の世代にも伝えておいた方が良いような家訓の一つなのであります。

 「クンクン。お正月のお味噌汁ですってよ。どうします?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102143420j:plain

ところで、カニさんと戯れていましたら、このカニさん、ブクブク、カクカクとおしゃべりをし始めました。何だか変に愛着がわいてきて、お味噌汁作りが不安になってきてしまいましたよ。やっぱりカニさんに手を下すのは家族の誰かにお願いしよっと!

   「わたしも無理です。別の手下にお願いいたしましょう」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170102150018j:plain

               

ランキングに参加中です。ポチッ↓と応援お願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 

にほんブログ村