海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

いくらと柴犬~正月のお料理その②

クリスマスの1週間くらい前から始まった冬休みも終わり、子供達の学校は本日3日から再開です。お正月三が日もまだ終わっていないというのに、学校に行くのは可哀そうな気がしますが、カナダの殆どのご家庭ではクリスマスがメイン。所変わればお休みもいろいろです。うちの柴犬、ミミさんも平和な生活を取り戻し、今日はの~んびり。

 「ねむいってば!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170104060042j:plain

思えば、柴犬さんがこんなにお疲れなのは、年末から年明けにかけて「ダンシングフィッソン族」が夜な夜なやってきて、柴犬さんを捕まえようとしたせいです。その度に柴犬ミミは課長さんになったり、社長さんになったりしないといけなくて、とても大忙しだったんですよ。これは久々に見た動画のせいですよ...。誰です?こんな動画を甥っ子達に教えたのは?

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170104055838j:plain

お正月用にとっておいた冷凍カナダ産天然いくらを、こんな具合に横に置いても...全く反応なし。

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170104061741j:plain

カナダは美味しいサーモンが沢山捕れるので有名です。養殖(Farmed/ファームド )もありますが生態系を乱すなどの理由からカナダでは鮭を養殖することに反対の考えを持った人々が多いです。スーパーでもノルウェー産養殖サーモンは売っていても、カナダ産の養殖サーモンの扱いはなく、Wild(ワイルド)と記載された天然物を好んで食べているようですよ。そして、いくらを食べる習慣もありません。捕れた鮭に筋子が入っていたら、その場で海に捨てるか、釣りをする際の餌として使うのが一般的なのだそうです。

「ワイルドサーモン? フッ。ワイルドさでは柴犬も負けなくてよ!」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170104070002j:plain

そんなのもったいない!ということで、この冷凍いくらはサーモンフィッシングのガイドさんをやっている知人に頼んで譲ってもらいました。ひとパックに3kg位入ってるし...もうちょっと小分けにしてくれるともっと嬉しかったんですけど、わがままは言ってはいられません。頑張ってほぐしてみたいと思います。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170104065231j:plain

作業すること数時間、本日はとりあえず半分を醤油漬け。貴重な贅沢品の出来上がり。

海の恵みとお世話になった皆さんに感謝して、思う存分いただきます!

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村