読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

番外編・関東暮らしの白柴さん~その1

GWいかがお過ごしでしたでしょうか?

このブログの作者はすっかりご無沙汰して何をしておりましたかといいますと、GWを利用して日本に里帰りをしておりました。と言っても、カナダにはGWはございませんけど...。というわけで、日本滞在での出来事や気が付いた事など、しばらく番外編としてお送りしたいと思います。

「見る白柴」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170512024406j:plain

日本の実家では御年17歳になるスノーウィという白柴さん(♀)を飼っております。高齢なので動作のゆっくり、もったり感は否めないですけど、まだヨボヨボというわけでもなく、朝晩のお散歩は欠かせません。未だトイレは外派、触ろうとしようもんなら、声には出さない物の、ガッと攻撃する勢いは柴犬魂健在の頑固者です。

しかしあれですね。犬も年をたくさんとるにつれて貫禄というものが出てきますね。それと性別というのもあってないようなものになるから不思議です。昔、近所に90歳近いヒゲの生えたおばあさんが住んでいたんですけど、「ヒゲ生えてるけど、随分なおばあさんだから、ま、いっか」という感覚に似ているかもしれません。

 「兜被っております!むっ!端午の節句は男子のお節句では...」 

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170512030451j:plain           

子供達とおじいちゃんで将棋を楽しんでいる時なんかも割り込んできて、駒をひっくり返しちゃったり、将棋台を踏んずけてみたりでなかなか勝負が進みません。カナダで飼っている柴犬さんは盗み癖が酷いので、床で将棋なんかしようもんがな、すばやく駒を盗んで逃げ回ること間違いなしなので、床で呑気に遊べないのですが、ここの家の白柴もゆっくりながら、なかなかお邪魔度高めです。

「わざと...ではありませんのよ」

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170512025059j:plain

人間のお年寄りが将棋の台に乗っちゃたら、たとえその人がボケちゃってても家族に怒られちゃいそうですけど、何故か老犬は怒られないので、その点お得です。

でも、何はともあれ今年も白柴ちゃんの姿に会えてホッしました。お母さんとお父さんに可愛がってもらってもっともっと長生きしてくださいね。   

「わたくし、あんよが太めです」 注:テープメジャーで採寸しようとすると怒ります。

   f:id:shiba-inu-in-abroad:20170512025146j:plain

          

 こちら、お留守番中...

  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
  にほんブログ村