海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

処理バッグいろいろ

昨年の記事にも書きましたが、カナダの私らの住んでるこの辺りでは、犬のお散歩の時バッグを持たず、代わりに、ワンコのフンを処理できるビニール袋を持参するのが一般的です。持っていない人の為に、犬連れが比較的多い公園にはビニール袋が設置されてがいることもあります。

shiba-inu-in-abroad.hatenablog.com

さて、使い方はといいますと...

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170609084914j:plain

1.袋を取り出し → 2.袋に手を突っ込み → 3.犬のフンを拾い

→ 4.袋の表を裏にひっくり返して → 5.上を結んでゴミ箱に捨てる

と、至ってシンプル。

最初の一回目はやや勇気が必要となりますが、慣れてしまえば、痛くも痒くもないから不思議です。かといって、この方法でよそのワンコの物を拾えるほど、私はまだ善人ではございません。可愛い愛犬の落とし物であるからこそ、というもんです。

それで、うちの近所の公園でゲットできる袋は、いつも緑色でこんな感じなんですけどね...

 「??

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170609090810j:plain

それがなんと!今日の朝貰いに行ったら、こんなに薄ーくなっちゃってたんですよ!

 「おー、透けてる、透けてる!」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170609091042j:plain

従来の物だと後ろにいる柴犬さんは見えませんが、今日貰ったものは確実に見えてます。これは不良品なんでしょうか、それともコスト削減なのか?この薄さでフンを拾わざるをえないとかってどうなんでしょう...

って思ってたら、ちょうどいいタイミングで、たまに散歩で行き会う「可愛いシェルティを連れた可愛いおじさん」が現れて「ここの町はこのウ〇コ処理バッグに、100万円ぐらいのお金を使っているらしいよ」というような事を教えてくれました。なるほど町も大変だね~

一方、所変わって、隣の町のビニール袋。        

 f:id:shiba-inu-in-abroad:20170609092611j:plain

向かって右側の白いのがお隣の町の袋です。

 「白い方め!処理バッグのくせして、可愛すぎだろっ」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170609092819j:plain

住んでいるエリアによって袋もいろいろです。いろんな袋を探しながら、お散歩に繰り出すのも楽しいかもしれませんね。そして近くの公園の袋の薄さが元に戻りますように!

 「夕方は、どの袋お使いになります?」

  f:id:shiba-inu-in-abroad:20170609093617j:plain

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村