海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

犬と行くthe Butchart Gardens~その2

なんだかんだ日にちが開いてしまいましたが、前回の記事からの続きです。 shiba-inu-in-abroad.hatenablog.com

前回の記事の終わりで、ローズガーデンにあるツルバラのアーチの前で固まった柴犬さん。結局飼い主が抱えて運ぶ羽目になりました。

   「あー行きたくない!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624053122j:plain

アーチをくぐった向こう側で

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624053934j:plain

なんだか人だかりができているので行ってみると

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624054147j:plain

植物にまぎれて小さなヘビが現れました。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624054355j:plain

ヘビには見向きもしない柴犬さん。というか、人混みが嫌だったのかもしれません。

   「ヘビは食わねーよ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624054655j:plain

寄り道をしながらやっとJapanese Garden/日本庭園の前に到着。日本庭園の入り口には赤い鳥居が構えられているんですが、犬は鳥居の向こう側に入っていいんでしょうか...?と一瞬戸惑ってしまいましたが、一応ここは神社でないので、ここのガーデンのガーデンエチケットを守って進んでみることにします。

  日本庭園の入り口。看板のフォントが外国っぽい。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624055140j:plain

1906年から工事が開始されたここの日本庭園は、日本人造園家の岸田伊三郎という方の支援の下、造られたものだそうです。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624060641j:plain

小川が流れていたり、石灯篭やミニ太鼓橋、鹿威しなどもあって、日本情緒を楽しめます。ローズガーデンは乾燥、日本庭園はまさに湿気、といった具合に空気の違いも感じられます。

 「ここは、何だかしっとりしてますねぇ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624062724j:plain

石灯篭を執拗にチェック。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624060047j:plain  

  「ミニ竹林だぜ!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624063131j:plain

気のせいか、日本庭園の中では活き活きして見える柴犬さん。やっぱり日本犬にはバラよりも苔とか竹とか、じめっとした所に生息する植物が似合うような気がします。それらが自分のルーツがある場所に生えている植物だという事は、柴犬さんにも薄々わかっていたりするんでしょうかね?なんだか懐かしいとか...ね。

  「次行きますよ!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624063026j:plain

 ここは好きじゃなさそうですね・・・。

     f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624063341j:plain

日本庭園の散策を終え、Star Pond/スターポンドとItalian Gaden/イタリアンガーデンをぶらぶらして、この日のガーデン散策は終了。

あとはインフォメーションセンターでもらったワンワンクッキーをご褒美に頂いて家路へと向かいましょう。

  「うまい!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170624092732j:plain

今度来る時はバラが満開の時期に来れるといいです。その時は沢山の人々で賑わっているので、人混みが苦手の柴犬さんはお留守番かもしれませんけどね。ではでは。

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村