海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のぼやき日記

カナダグース、離陸中

朝のお散歩、普段は群れでいることの多いカナダ鴈が一羽で歩いておりました。

カナダ鴈は、英語では、単数形でCanada goose(カナダグース)、2匹以上の複数形でCanada geese(カナダギース)という具合に不規則に変化する名詞です。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721093550j:plain

それに加えて、赤ちゃんグースの事は gosling(ゴズリング)とか言います。goslingといえば、映画「La La Land/ラ・ラ・ランド」に主役で出ていたRyan Gosling(ライアン・ゴズリング)はカナダ出身のカナダ人の俳優さんです。て、どうでもいいですかね?

  「これは一羽でいるから、えっと...グース!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721092309j:plain

更におまけで、このカナダ鴈、名前にカナダってついているくせに、お隣のアメリカ合衆国に平気で群れていたりする時があります。アメリカにいてもやはり、カナダ鴈と呼ばれていて、いろいろややこしい名前を持つ鳥です。

体長1mくらいあって図体も大きいので、うちの柴犬さんは、カナダ鴈を見るといつも怖気きますが、このカナダ鴈も危険を察したのか、グワグワ言いながらすぐに飛び立ってしまいました。

  「おっ!バタバタし始めた!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721092335j:plain

飛んで行ったところを激写したつもりが、ちょうど木とカモフラージュして見えにくい一枚。このグースさん、所属グループでも見つけたんでしょうか?

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20170721092756j:plain

柴犬は数によって不規則に変化する名詞でもなければ、海外に住んでいてもShiba inuですみますからね。その点シンプルで何よりです。

ああ、英語ってややこしい。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村