海外暮らしの柴犬さん

カナダに住んでいる柴犬さんとその飼い主のそこそこな日記

うどん派 vs そば派

清々しいお天気が続いるカナダ西海岸方面。さすがに「冷やし中華始めました!」の看板こそ出ないものの、冷たい麺類を召し上がりたい気分になってくる、そんな時期です。そんなこんなで、昨夜は早速、おうどんとお蕎麦を冷たくしていただきました。

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612040842j:plain

ミミにもついでに手作りご飯を作ってみました。鶏肉とカボチャとブロッコリー、そしてお蕎麦をちょっと彩りに。
我が家は夫と娘と次男が蕎麦派、長男と私がうどん派なので、毎回蕎麦とうどんの2種類ゆでる羽目になってます。

  「今日は何食わせる気ですか?」    

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612041647j:plain

さらに、我が家のそば派はもの静かに麺をすすらず食べるタイプ。
それに反して、うどん派は、ズルズルと麺をすする派です。長男のはとくに大音量なので、毎回そば派からクレームが出て、さらには口論に発展するので困っています。

   「ガツガツ食べるのはOKですかね?」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612041313j:plain

麺をすすって食べる日本の習慣は、カナダでやったら下品になるのは理解承知ですけど、家では好きなように食べたい!のが私達うどん派の言い分です。 

   「は!あっちの今日のご飯はツルツルですね!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612040949j:plain

それに、そんなことでクレーム付けてたら今度日本に帰ったときに、日本のお爺ちゃんの大好きな「丸亀正麺」に連れて行ってもらえないですからね。

   「やっぱり麺は長い方に限る!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042113j:plain

あそこに食べに来ている人達のズルズル音は半端ないですから!そうやって汗だらだらでうどんを茹ででくれてるおばちゃん達の期待に応えなきゃいけないんですよ。

   「ん?これは細麺うどん、早ゆで6分。」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042308j:plain

   「うまい!」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042456j:plain

麺はズルズルした方が美味しんです!あーこれだから国際結婚はやるせない。
その点、音こそ立てないものの、愛犬が麺類をツルツル上手に食べることができるのがせめてもの救いです。

   「粗く引いたそば粉で作ったお蕎麦ですね」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042557j:plain

ミミはうどんと蕎麦、どっちも好きですけど、本当のところどっちが好きなんでしょう...?

   「にゅーっ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612042632j:plain

次回は実験にチャレンジしてみようと思います!では。

   「ぺろんちょ」

    f:id:shiba-inu-in-abroad:20180612044412j:plain

 「あなたはどっち派?」

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村